会社設立までの手順

初めて会社を設立するとなると、何処から手を付けて良いのか分からないという方も多いでしょう。
どういう手順で設立するかは会社の種類(株式会社か合同会社)にもよりますが、今回は株式会社を例にして紹介したいと思います。

まずは何と言っても看板となる、商号(会社名)を決めます。
基本的に好きな名前を付けてもらっても構いませんが、ある意味看板代わりとなるので慎重に決めておきたいものです。
また株式会社であれば会社名の前か後ろに、必ず「株式会社」とつけなければいけません。

次に事業目的です。
事業目的は立ち上げた会社で何を行うのかを示したもので、非常に重要な事項になります。
また会社設立に向けての大事な指針ともなるので、しっかり考えるようにして下さい。
事業目的が決まれば、本店(本社)の場所を決めます。
事務所を借りるのか、自宅で仕事をするのかをハッキリさせるようにしましょう。

本店が決まれば、似たような会社名で似たような事業を行っている会社が無いかどうかを調べます。
もし仮に似たような会社名で、事業も同じようなことを手掛けている所が他にあれば、大問題です。
取引先にも迷惑がかかるばかりか、相手会社から訴えを起こされるかもしれません。
ネットや法務局からでも似たような会社名で同じ事業を手掛けている所が無いかどうか調べられるので、必ず確認するようにしましょう。

確認が終われば定款を作成して、公証役場へ持ち込み、公証人に定款を認証してもらいます。
定款とは会社の決まりごとを記したもので、公証人に認証してもらうことにより、効力を発揮します。
そして預金口座へ資本金を振り込めば、必要書類を手にして法務局で登記申請を行います。
登記申請が完了すれば、いよいよ会社としてのスタートです。

かなり簡単に会社設立についての手順を取り上げたものの、手続に必要となる書類の準備等はかなり戸惑うかもしれません。
でも慌てずに慎重に設立へ向けて動くようにすれば、大丈夫かと思います。