会社設立にかかる費用は?

会社設立に際して、最も気になる部分と言えば費用になるかと思います。
初めてとなると一体幾らかかるのか、予想もつかないでしょう。
そこで合同会社・株式会社別に、設立までにかかる費用について取り上げます。

合同会社は設立だけならば、10万円あれば出来ます。
主な内訳としては、定款に貼る収入印紙代4万円・登録免許税6万円・定款の謄本手数料2千円です。
でも定款を電子定款にするのならば、収入印紙代は不要です。
ただし安易に電子定款にすると、却って費用がかかってしまうので要注意です。
でも電子定款を会社設立の代行業者に頼めば、業者にもよりますが1万円で作成してくれます。
1万円は高いと思われるかもしれませんが、ご自分でゼロから電子定款を作成することを考えると安く済むかと思います。

ただ合同会社ならば10万円強でなんとかなるものの、株式会社となれば倍近くの値段がかかります。
状況(脱サラをしてゼロから会社を立ち上げるのか、個人事業から法人へ変更するのか)によって大きく変わりますが、設立に必要となる費用は少なく見積もっても25万円はかかります。
内訳としては定款に貼る印紙代4万円・定款の認証手数料5万円・定款の謄本手数料2千円・登記の際の登録免許税15万円です。

少し高いと思われるかもしれませんが、先程紹介した合同会社同様、株式会社でも電子定款にすれば4万円は浮きます。
ただゼロから電子定款を作成するのは素人では難しく、お金がかかるので株式会社でも代行業者に任せた方が良いでしょう。
また業者に任せると時間の節約にもつながり、他の作業に着手することも出来ます。
ただし業者でも最近は変な所が多くなってしまっているので、業者選びには十分に注意を払うようにして下さい。

今回取り上げた会社設立費用は、あくまでも最低限の金額になります。
必要となるビジネスツール等を合わせれば、10万・20万円どころでは済まされません。
費用に関しては余裕をもって考えるようにして下さい。