合同会社での会社設立とは

現在世の中にはたくさんの会社がありますが、どんな会社かといえばほとんどの場合で株式会社です。
これ以外の会社がないわけではありませんが、有名な企業であればほとんどが株式会社となっているため、これから作る会社も無意識にそちらで考えている人もいらっしゃるでしょう。
しかし会社の種類にはもう1つ、大きなものに合同会社があります。
これから行う会社設立でこちらを選んでもまったく構いません。

合同会社の場合、その会社の社員は必ずその会社に対して出資をしなければなりません。
株式会社ならその会社に入社するにあたり、出資が必要ということはありませんが、合同会社では必ず必要です。
出資したらその会社のオーナーの一人でもあり、社員でもあるという立場になり、以降はその会社の運営を他の社員と協力してやっていきます。
ここでいう社員とはもちろん自分と同じようにやはり会社に対して出資をしていますから、自分と同じくその会社のオーナーの一人でもあるという相手になります。

株式会社に比べるとマイナーな種類の会社ですから、少し奇妙な感じで首をかしげてしまうかもしれません。
しかしこれも会社の一スタイルで、新規の会社設立ではこちらを選ぶ人もいます。
なにせこちらを選ぶことで、起業にかかる手間と費用が軽くなります。

株式会社の場合は公証役場での認証手続きが必要ですが、合同会社ならこれが必要ありません。
また登記の際に必要になる登録免許税も株式会社より安く、6万円で済みます。
株式会社と合同会社とで、作るのが楽なのはどちらかと言われたら、合同会社の方です。
もちろん会社設立の手間だけでどちらを選ぶかを決めるべきではありません。
会社の種類によって違いはありますから、あとで自分が困る方を選んでは意味がないでしょう。

合同会社が向いているのは、従業員が自分一人の会社で、特に拡大なども考えていないときです。
実態は個人自営業に近いものの、形の上では法人化したいときなど、合同会社は向いています。
会社設立にかかる手間や費用を抑えられるうえ、設立後の運営も株式会社より手間がありません。
あくまで形の上でだけの法人化なら、合同会社での会社設立を考えるのは賢い選択です。

他にも合同会社の方が向いている場合はあり、たとえば社会的信用がそこまで必要ないときなど、やはりこちらの方が何かと便利なことは多いでしょう。
合同会社を作った後、株式会社に変更もできますから、初めての会社設立で絶対に株式会社にすべき理由がないなら、まずはお試しでこちらにしてみるのもおすすめです。