会社設立のメリット

今、若い起業家がどんどん増えておりたくさんの会社が設立されていますが、会社設立のメリットはどんなところにあるのでしょうか?
ここではこれから会社設立を考えている人に知っておいて欲しいメリットを紹介しますので、是非目を通してみてください。

はじめに会社設立する最大のメリットと言えば何と言っても信用度が高まる点で、これは個人事業主で活動していた時期と比べると大幅に変化があり実感できると思います。
個人事業主として何か商売をしているときでも取引先があったでしょうし、現在も継続しているかもしれませんが、法人化することによってより幅広い視野で見ることができますから選択肢も多くなり規模を大きくすることができます。

なぜ法人化することによって信用を得られるかと言うと、個人事業主の場合は開業届を出せばその時点で商売をはじめられますし、ある程度自由にできる分失敗したときのリスクも大きくなります。
しかし法人化するということは、それなりの準備を整えてからでないとできませんし、実績を積みあげていくことによって知名度も高くなりやすく、それが信頼につながるからです。

これは自分が取引先側になると分かりやすいと思いますが、先行き不透明な個人事業主と法人では同じ条件なら間違いなく後者を選ぶでしょうし、法人の中には個人事業主との取引はしないところも少なくありません。
次に会社設立することによって節税効果があるところもメリットで、これは個人事業主の場合は所得税を納めなければなりませんが法人の場合は法人税となり、この差が大きいのが影響しています。

所得税のシステムは所得が増えれば増えるほど税金も高くなるようにできていますから、だいたい500万円をこえるラインで法人化を検討すると良いそうです。
ほかにも経費として使えるお金の幅が広がりますから、税金のかかる範囲が狭くなります。

代表的なもので言えば生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金があげられ、これらは事業をするうえで必ず必要になるものばかりなのでかなりお得です。
また、個人事業の場合は原則として家族に給料を支払うことができませんが、法人化すればそれも可能になりますので、所得分散をしてうまく税金を安くすることもできます。

このように会社設立するメリットは信用面と税金面両方で大きく、ほかにも会社そのものの知名度が高くなればより優秀な人材を採用することができるなど可能性はさらに広がっていきます。