会社設立を依頼

会社設立は個人事業と違って開業届を提出すればいいというわけではなく、いくつかのステップを踏んで手続きをしなければなりません。
会社設立手続きをするうえでまず知っておいてほしいのがどのような手続きが必要になるのか、そしてどういう順番でするのかの2点です。

中には専門的な知識を必要とする手続きもありますから、それが会社設立手続き=面倒というイメージを与えているかもしれません。
しかし手続きは例外なく必ずやらなければならないことですので、できるだけスムーズにできるように工夫する必要があるでしょう。

そんなときに役立つのが会社設立手続きをサポートしてくれる専門家で、これにはいくつか種類がありますから自分の依頼したい手続きに応じて選択してください。
それでは会社設立手続きをサポートしてくれる専門家にはどんな人たちがいるのか紹介していきます。

まずひとつめは税理士で、税理士は法人と非常に密接な関係があり、会社設立手続きをサポートしてくれるだけでなく会社スタートしてからも大きなサポートを受けられます。
と言うのも、ご存じの通り税理士は税金のスペシャリストですから、税金が関わる業務全般をこなすことができます。

たとえば年末調整や確定申告はどこの企業でも必ずやらなければならないことですし、節税対策や会社設立するとどんな税金がかかってくるのかなどのアドバイスも受けることができます。
こうしたメリットから税理士を選択する人は非常に多いです。

次に会社設立手続きを全般的にサポートしてもらいたいのであれば司法書士もおすすめで、司法書士は手続きのスペシャリストですからあらゆる手続きを代行することができます。
会社設立手続きの中でもポイントになるのが定款の作成ですが、定款の作成は紙でやると印紙代40,000円かかってしまいますので今は電子定款が主流になっています。

しかし電子定款は専用のソフトを導入しなければなりませんし専門的な知識も必要になるので司法書士に任せたほうが早いのです。
しかも登記書類の作成や申請代行も可能ですから会社設立業務に専念したい、初めて会社設立するという人にはぴったりでしょう。

さらに許認可申請をしなければならない業種を選択する場合は行政書士が役立ちます。
行政書士は許認可申請に強い専門家ですから、スムーズに手続きをしてくれますし書類作成にも強いのでおすすめです。

このようにいろいろな専門家がいるので必要に応じて依頼してください。