会社設立で必要な印鑑のサイズ

最近は会社設立する人も増えてきています。
株式会社を作るための資本金の制限も以前に比べてずっと緩和されていますから、やろうと思えば比較的誰でもチャレンジできるようになっているのです。
ただ、やはり会社を作るためには、やるべき準備というものがあります。
その中の1つに入っているのが、印鑑です。
法人用の専用の物を用意しないといけませんし、サイズにも指定があります。

印鑑のサイズなど、これまでの人生であまり気にしたことがない方がほとんどでしょう。
ただ会社設立のときは一定の注意が必要です。
法人用の印鑑は会社設立のときに登録する必要があるのですが、このときにサイズに指定があります。
このサイズに当てはまらないものは受付できません。
印鑑の登録の受付ができないと手続きが終わりませんから、会社設立も終わらないのです。

知っておくべきその印鑑のサイズとは、1〜3センチとなります。
この範囲内の印鑑なら受付ができます。
この範囲外のものは、大きすぎても小さすぎてもアウトですから、気をつけましょう。
特に大きすぎるものがアウトというのは何となくわかる方も多いでしょうが、小さすぎてもアウトになることはよく注意しておいて下さい。

この範囲内に収まる会社設立用の印鑑は、どこに行けば手に入るのでしょうか。
これは法人用の印鑑を扱っているショップ、それも会社設立を見据えた印鑑の販売をやっているショップでの購入がおすすめです。
これまでに会社設立を経験した方はどちらかといえば少ないでしょうから、こういうショップがあることを知らない方もおられるでしょう。

インターネットで検索すれば、会社設立を想定した法人用の印鑑ショップなど簡単に見つかります。
そしてそこで探せば、会社設立で使えるサイズの印鑑も見つかるのです。
そのサイズはいくつかあります。

たとえばあるショップでは、1.65センチ、1.8センチ、2.1センチ、2.4センチといったサイズの印鑑が売っています。
いずれも先にご紹介したサイズの範囲に当てはまるものです。
この中から選べば、印鑑のサイズが合わなくて会社設立ができないといったことはありません。

ほかのショップでも同様で、いくつかサイズを選べることが多いですが、いずれも会社設立に使える印鑑のサイズとなっています。
ここで選ぶ限りは、サイズについての心配は必要なくなります。
サイズについての不安がある方は、これら専用のショップの中で買うといいでしょう。
もしオリジナルの印鑑をオーダーメイドで作るときなど、必要なサイズは自分でよくチェックして下さい。