会社設立の費用


現在では個人でも気軽に会社を作れる時代となっています。
実際にやってみたいと考えている方もおられるでしょうが、これにチャレンジする前に知っておきたいのが、会社設立の最低費用のことです。
会社を作るにも一定の費用が必要で、このためにお金もかかります。
これがないことには始まりませんから、必ず事前に知っておきたいポイントになるのです。

会社設立にもお金が必要と言われると、高額な費用が必要なのかと不安で、起業への自信が揺らぐ方もおられるでしょう。
その費用については、それほど高い費用ではありませんから安心してください。
まず知っておきたいのは、設立される会社の種類としてよく選ばれる株式会社です。
その知名度の高さから、会社を作るといったらまずこちらを選ぶ方も多いでしょう。

これを作るときの費用ですが、最低でも20万2000円です。
費用を節約できる方法を選ばなければ、24万2000円がその費用になります。
しかしなぜ費用がこのように分かれるのでしょうか。
これは定款に貼る収入印紙代の違いです。

これが必要になるのは紙で定款を作ったときなのですが、このときは4万円分の収入印紙を貼らないといけません。
見た目は切手のような小さな紙ですが、これがいるのといらないのとでは、費用は大違いなのです。
できればこれがいらない方が嬉しいでしょうが、これを貼らないには、定款を電子文書で作らないといけません。
これはテキストソフトなどで作ればいいわけではなく、PDF化して証明書も張り付けたもののことですから、作るときには間違えないようにして下さい。

このような違いがあるため、株式会社を作るときの費用は20万2000円か、もしくは24万2000円となります。
すぐにポンと出せる方ばかりではないかもしれませんが、費用を用意するのに何年もかかるほどの高額ではないですから、比較的安心です。

では作る会社が合同会社だった場合の費用もご紹介しておきましょう。
合同会社とは株式などを発行しない会社で、その会社に出資した人が社員となるスタイルの会社です。
これを作る場合の費用は、最低で6万円、最高で10万円です。

費用の違いを見るとピッタリ4万円分の違いですが、これは株式会社の場合とまったく同じく、4万円分の収入印紙の違いになります。
電子文書で定款を作れば、たった6万円で会社が作れることになります。

会社設立にかかる最低費用はこのようになります。
あまり高額な費用ではありませんが、最低でもこれくらいはないと株式会社も合同会社も作れませんから、なるべく事前にお金を用意しておくとよいでしょう。