株式会社での会社設立


現在会社といえば、メジャーなのは株式会社ですね。
これ以外にも合同会社というスタイルもありますが、現時点では株式会社の方がまだずっと数が多く、知名度も高いものがあります。
会社設立するときも当然のようにこちらをイメージしている方も多いでしょうが、株式会社を選ぶとどのような利点があるのでしょうか?

まずは社会的信用を得やすいこと。
これは一般消費者からの信用もそうですし、取引先の企業でも同じです。
株式会社という見慣れたスタイルの会社ですから、多くの相手から比較的すぐ信用されます。

何か商品を売るときは比較的売れやすくなりますし、従業員を募集したときは応募が来やすくなります。
取引先の企業を増やそうとしたときも、取引を検討してもらえる確率も高くなるのです。
実際に一部の企業では、株式会社としか取引をしない場合もあります。
そのようなときでも、設立したのが株式会社なら心配ありません。
これは社会的な信用を得やすい株式会社の大きな利点です。

次に、活動資金を調達しやすいこと。
株式会社では株を発行するのがおなじみですが、これは何のために発行するのかというと、資金調達なわけです。
配当がもらえたり、金融資産として売買したりできる株を買ってもらうことで、発行元の会社は資金を得られます。

これがその会社の活動資金となります。
お金がないことには会社として活動できませんから、これの調達がしやすいことは株式会社の大きな利点です。

これらが株式会社を作ったときの主な利点になります。
作った会社の社会的信用や、資金調達のしやすさを重視するなら、株式会社を選んだ方が有利です。
ただ、こちらを選ぶと、設立手続きにかかる費用が高くなり、手続きも多くなります。
この点はよく確認しておきましょう。

まず株式会社の会社設立費用ですが、最低でも20万2000円ほどかかります。
この値段は定款の収入印紙代がかからない電子定款での費用です。
もしこれが必要となる紙の定款で手続きすると、24万2000円が最低費用となります。

これは合同会社に比べて、やや高い費用となります。
合同会社なら電子定款を作ったときで6万円、紙の定款でも10万円で会社設立できます。
これに比べると、株式会社の費用はやや高いですね。

このほか、手続きでも違いがあります。
合同会社は定款ができたらすぐ登記に入れますが、株式会社ではその定款を公証役場で認証してもらう必要があります。
これが終わってからの登記となるため、手続きもやや多くなるのです。
これらをすべて含めても、株式会社の方がいいと思えば、会社設立時にはこちらを選ぶといいでしょう。