会社設立は一人でできる?

2006年5月に旧会社法がなくなり、新会社法が施行されてから新規事業を立ち上げる人が増えたそうですが、その背景には株式会社の最低資本金額の設定がなくなったことが影響しています。
旧会社法では株式会社を設立する場合最低でも1,000万円の資本金を準備することが義務付けられていましたが、新会社法ではそれがなくなり実質1円の資本金があれば株式会社を設立できるようになったのです。

最低資本金額の設定がなくなったことで会社の規模も自由に決められるようになりましたし、しかも株式会社として設立することができるので、そのメリットを活かして事業展開できます。
ですから中には一人で会社設立をして経営している人もいますし、それでしっかり結果を出している人も少なくありません。

しかしだからと言ってすべてを一人でやることが必ずしも正しい選択というわけではなく、一人でできることとそうでないことをきちんと分けてやっていくことも重要です。
実際に一人で会社設立したという人に話を聞いてみると経営自体は自分一人でやっているものの、会社設立手続きや経営以外の面では専門家に頼っているという人がほとんどでした。

たとえば株式会社の設立手続きをする際には定款の作成・認証が必要になりますが、定款の作成・認証は初めて会社設立する人じゃなくても一人でするのは大変なので専門家に依頼したほうがスムーズにできます。
定款の作成には紙で作成する場合印紙代40,000円、認証手数料50,000円が必要になりますが、電子定款にするだけで印紙代の40,000円をカットできます。

電子定款は専用のソフトを導入しなければならなかったり、それを使いこなすだけの知識も必要になるので専門家への依頼料はかかりますが、それでも印紙代40,000円よりは安く引き受けてくれるところがほとんどですし、それ以外のサポートも受けられるので専門家に依頼したほうがお得なのです。
ほかにも税金関連の管理は税理士にまとめて任せたほうが確実ですから、自身も会社経営に集中できますし、要所で専門家をうまく利用することが円滑な会社経営に繋がると考えたほうがいいでしょう。

このように会社設立は一人でもできますが専門家に頼るべきところは頼ったほうが結果的にメリットが大きくなりますし、経営面でも一人でできることとそうでないことを見極められる人が成功していますので、まずは自分に何ができて何ができないのか考えるところからスタートしてください。