会社設立のメリットとは

まだ会社設立したことがなく、これがはじめての会社設立となる場合、そのメリットを明確に自覚している方ばかりではないでしょう。
会社設立のメリットについてご紹介します。

まずあるのは、信用を得やすくなるというメリットです。
ビジネスを行うためには、信用が非常に大事です。
他社と取引したり、お客さんから自分のサービスを選んでもらったりするには、信用が必要になります。
信用を得られない場合、取引や購入を控えられがちです。

この信用を得るために有利なのが、会社設立です。
個人と法人では、一般的に法人の方が信用を得やすくなります。
もちろん個人だから信用されない、法人だから絶対に信用されるというものでもないのですが、法人の方が設立のために費用や手間もかかっているだけに、こちらの方がどうしても信用を得やすいところがあるのです。

そのため会社設立した方が他社やお客さんから選ばれやすくなり、ビジネスが成功しやすくなります。
これが会社設立の大きなメリットです。

このほか、融資を受けやすくなるのもメリットです。
事業をやるにも元手のお金が必要ですが、これが自前の資金だけで賄えるとは限りません。
足りなくなって金融機関に借りることもよくあります。

このときに必ずあるのが審査なのですが、これは個人と法人では、法人の方がやはり有利です。
個人で事業資金を借りるのは、かなり難しくなります。
これが比較的簡単になるのが、会社設立したときのメリットです。

このほか、節税面でのメリットもあります。
個人と法人では、法人の方が経費にできる項目が多くなります。
それだけ多くの経費を計上できるようになり、節税しやすくなるのです。

これら節税の効果は、税金の種類が変わることも関係しています。
個人でビジネスをすると課税されるのは所得税となるため、収入が増えるほど税率も高くなります。
これが会社設立すると法人税に変わるため、税率が変わりません。
売上が伸びるほど節税できるのが、会社設立のメリットです。

このようなことが主な会社設立のメリットとなります。
実際に会社設立するときは、このメリットを最大限生かせるよう、うまく起業することも大事です。

たとえば会社設立のとき、定款の事業目的を大量に羅列すると、主要業務が何の会社なのかわかりにくくなり、社会的信用が下がります。
この状態では銀行の審査などにも通りにくくなるため、会社設立のメリットが少し減ってしまうのです。
はじめて会社設立するときは、このようなメリットを確認の上、それを最大限生かせるように起業するといいでしょう。