会社設立費用がお得なのは合同会社

はじめて会社設立するとき、会社の種類は自然に株式会社をイメージしている方も多いでしょう。
実際に世の中にある会社のほとんどは株式会社ですから、これから会社を作るなら株式会社だと思われがちです。
しかし会社設立するときは、ほかに合同会社という会社の種類も選べます。
こちらを選ぶと、会社設立にかかる費用が安くなります。
特に株式会社にする必要がなければ、合同会社を選ぶのもおすすめです。

まず株式会社ではなく合同会社を選ぶと、会社設立にかかる費用がどれだけ安くなるのかをご紹介しましょう。
これはうまくいくと、10万円以上の節約になります。
どうしても避けられない法定費用を節約でき、より少ない予算で会社設立できるのです。

合同会社にかかる主な費用は、登記のときに必要になる登録免許税6万円です。
このほか、紙の定款を作った場合は、収入印紙4万円分が必要になりますから、合計10万円が必要な費用になります。

ただし、収入印紙4万円は、紙の定款を作らなければ必要ありません。
定款は電子文書でも作れます。
このときは登録免許税だけが必要な費用になりますから、わずか6万円で会社設立できるのです。

もし株式会社を選ぶと、電子定款を作ったとしても20万円、これを作れないと24万円が法定費用になります。
合同会社にすると、10万円以上の節約になるのがわかりますね。
はじめて会社設立するとき、株式会社のほかに合同会社という種類も選べて、こちらにすると会社設立費用がかなりお得になることはよく確認しておくといいでしょう。

あとは合同会社を選んでも問題ないのかが気になるポイントですよね。
合同会社とはどんな会社かというと、株式会社と違って株式の発行などはしません。
こちらの会社を選ぶと、その会社に出資した方が社員となり、全員が同じ権限を持つオーナーにもなります。

これが大きな特徴です。

自分一人しか社員がいないなら株式会社でも合同会社でも、あまり大きな違いはありません。
もし複数人のメンバーで創業するなら、合同会社を選ぶときは代表社員を選び、権限を明確化しておくのが基本となります。

その他の違いとして、株式会社と合同会社では知名度にまだ差があり、株式会社の方が信用を得やすいところはあります。
社会的信用の高さを重視するなら株式会社が向いていますが、そこまで重視しないなら合同会社でも問題はありません。
このような違いを見て、特に合同会社でも問題なさそうなら、費用面でお得な合同会社を選ぶのもおすすめです。