会社設立の必要書類

会社設立のハードルが下がったこともあり、いまや多くの人が会社設立にチャレンジする時代になっています。
サラリーマンとして言われたことだけをやるより、自分のビジョンを実現するため、自ら起業して働く方がずっとエネルギッシュですから、会社設立するチャンスを虎視眈々と狙っている人もいらっしゃるでしょう。
しかし会社設立もれっきとした手続きが必要で、志だけで会社が完成するわけではありません。
特に必要書類の用意は会社設立の基本ですから、どんな書類が必要なのか、ここでご紹介していきます。

はじめて会社設立にチャレンジするとき、特に大事なのは定款です。
まずはこれを用意してから他の書類の用意に取り掛かってもいいくらいですから、まずはこの書類の用意から始めてみて下さい。
この定款とは、自分で作る書類になります。
必要書類の用意というと、役場などの窓口に行ってもらうものとのイメージがある人もいらっしゃるでしょうが、どこに行っても会社の定款は手に入りませんから、気を付けましょう。

定款を作るためにも知りたいのは、これは一体何なのかということでしょう。
これは会社の名前や所在地などの正式なデータのほか、その会社の規則なども正式にまとめたものです。
このような特徴から会社の憲法とも呼ばれていますから、そのようなイメージで理解して下さい。

この定款に記載するのは、これから作ろうとしているその会社の設立日や社名、事業目的、本店所在地などです。
株式会社を立ち上げるときにはほぼ必須となる、株式に関する条件もこれに記載します。
たとえば発行可能株式総数や、株式の譲渡制限などです。

普段の日常生活で、これらについて真剣に考える機会はほとんどありませんから、定款を作るにあたってこれらを考えると、右も左もわからなくて眩暈がしてくるでしょう。
しかしこの定款は専門家に作ってもらったり、インターネットで公開されている無料のひな型を使ったりして作るのが基本ですから、これまで作ったことがない人でも安心です。
間違っても自力でゼロから作ろうとはせず、これらを使って作って下さい。

定款が完成したら、特に大事な必要書類の用意は完了です。
株式会社の場合、公証役場でまずは認証をもらいますが、このときは他に発起人の人数分の印鑑証明書があれば、手続きができます。
そのあとは法務局で登記の手続きになりますが、このときは登記申請書、取締役・代表取締役の就任承諾書、発起人の決定書など、準備すべき必要書類の量がかなり多いですから、法務局まで問い合わせ、必要書類についてしっかり案内を受けることをおすすめします。