会社設立手続きの代行


はじめて会社設立するとき、右も左もわからないことも多いでしょう。
そのようなとき、どう手続きを進めていいかわからなかったり、自分でやるのがもう無理だと思ったりしたときは、手続きを代行してもらうのもおすすめです。
代行とは、会社設立の手続きを代わりにやってもらうことです。

そのようなサービスがあるのかというと、一部の専門家がやっているのです。
たとえばある税理士事務所など、これを引き受けています。
ほかにも司法書士や行政書士など、多くの専門家がこのサービスを行っています。
これら専門家が所属する代行サービスなどでも、よく行われていますね。

会社設立の手続きを代わりにやっているこれら専門家やサービスまで依頼すれば、必要な手続きを代わりにやってもらえます。
これははじめての起業になる方のほか、2回目以降の起業になる方からもよく使われています。
その理由はやはり専門家に代行してもらった方が手間もなく、手続きも確実だからです。

代行を依頼すると、依頼人の方でやることがほとんどなくなります。
もちろんその会社は依頼人のものとなるわけですから、どのような会社を作りたいのか、それは依頼人の方で決めないといけません。
ただ、代行を依頼すると、その専門家やサービスの方でしっかりヒアリングをしたり、おすすめの会社の条件などを教えてくれますから、自分一人で手続きするときよりも安心です。

会社の概要が決まったら、それにあわせて定款を作ってくれます。
これも自分で作るとかなり手間がありますが、プロに依頼すればスムーズに完成します。
その内容を確認し、問題なければ、以降の公証役場での認証手続きや、法務局での登記もすべて代行してくれるのです。

依頼人の方でやることは、代行者の指示に従い、資本金を振り込んだり、印鑑を用意したりといったことです。
それ以外に特にやることはありません。
この間も起業に向けて本業の準備を進められますから、非常に便利です。

このようなことから、会社設立の手続きは代行を依頼する方も少なくありません。
なお、自分で作ったときと、代わりに手続きをやってもらったときとで、完成する会社に違いはありません。
この点は安心です。

あと気になるのは費用かもしれませんが、代行を頼むと収入印紙代が必要ない電子定款を作れることが多いため、会社設立に必要な法定費用を節約できます。
その効果で、依頼料を含めても、自分で紙の定款を作って手続きしたときとあまり変わらないことも多いです。

はじめての会社設立で手続きが難しいと思ったら、このような代行も考えるといいでしょう。