会社設立の依頼がしたい


会社設立を実際にするとき、はじめての起業になると、手続きがよくわからないこともあるでしょう。
そんなときは専門家に依頼できます。

これがしたいときは、まず誰に依頼をするのかを決めます。
会社設立の代行やサポートなどをやっているのが、税理士や司法書士などの専門家のほか、これら専門家による法人などです。
この中でどちらに依頼するといいのでしょうか?

依頼相手を選ぶときは、まずは起業するエリアに対応しているかで、大まかに絞り込めます。
これらサポートや代行をやっている専門家や法人なども、全国どこの起業にも対応しているわけではありません。
特定のエリアに限定して、そのようなサービスをやっている場合が多いです。

そのため、会社設立の代行やサポートの依頼がしたければ、考えている起業地に対応している専門家や法人を選ぶのが基本ですね。
意外と見落としがちなポイントですから、依頼する相手を探すとき、最初にこれで候補を絞り込むとムダがありません。
起業地がどこになるかまだ決まっていない、複数の候補があって迷っているというときは、全国的に対応できる大手サービスを利用するといいでしょう。

候補となる専門家やサービスがいくつか見つかったら、依頼のためのコンタクトを取っていきます。
そのためにも、まずは事前の予約です。
飛び込みでの依頼ができるかは、各専門家にもよるのですが、事前に予約が必要とする専門家やサービスがほとんどですから、なるべく事前の予約を考えてください。

会社設立の代行やサポートをやっている大手サービスの場合、これら予約等はWebから簡単にできることも多いです。
それほど手間はかかりませんから、事前に予約の上、決まった日時に事務所まで来訪してください。

来訪後にやることは、会社設立についての依頼の希望の相談のほか、依頼をした場合の報酬の説明、そちらで対応できるサービスの内容などの説明を受けられますから、よく聞いておいてください。
わからないことや不明点などはこちらで相談できますから、会社設立に関してどんな依頼がしたいのか、事前に考えておくといいでしょう。

ここでの相談や打ち合わせの結果、正式に依頼をすることに決めたら、契約書の作成や料金の支払いのあと、会社設立の代行やサポートを受けられます。
相談の結果、別の専門家やサービスの話も聞きたいと思えば、正式な依頼は保留の上、またあとで判断してもOKです。
会社設立の依頼がしたいときは、このよう流れで対応できます。
まずは誰に依頼をするか、インターネット等で探してみるといいでしょう。